ホームページ用地図・印刷物用地図・携帯電話用地図・FLASH地図などの、顧客を迷わせない案内図を作成します。

とにかくわかりやすいマップ普及推進委員会 北海道札幌市 ホームページ掲載用マップ PDFマップ ケータイ用マップ FLASHマップ パンフレット掲載マップ 会社案内図 イベント用地図 マップの発注質問箱 画像地図作成代行 画像マップ作成委託わかりやすいマップ紹介ムービー公開中複数マップ作成を依頼したい法人様向けのFAQをご覧いただけます。
とに会トップページへ

お客様を迷わせない わかりやすいマップはこちらから
多くのノウハウを用いたお客様のためのマップ
地図サンプル・料金
完成までの流れ
手元のケータイがお客様を会社までエスコートするケータイ用コマ地図
ギザギザ皆無のプリントアウト専用地図
地図サンプル・料金
完成までの流れ
ここまでやるからお客様の心が動く!FLASHマップ
お客様の記憶に残る、実用重視コンテンツ
地図サンプル・料金
完成までの流れ
現在、Flashマップはお引き受けを行っておりません
手元のケータイがお客様を会社までエスコートするケータイ用コマ地図
手元のケータイがお客様を会社までエスコート。
地図サンプル・料金
完成までの流れ
 とに会 トップページ  何者?

「『とに会』は冗談なのだけど、今のところ本気の冗談なのだ」ドンッ(と机を叩く)

あるいは

「世の中わかりにくいマップばかりじゃございませんか」

(資)アイタス
代表 石川義洋


 こんにちは。アイタスの石川です。この度、とにかくわかりやすいマップを世に広める会『とにかくわかりやすいマップ普及推進委員会』を旗あげしました。「とにかくわかりやすい」ではなく、「(つべこべ言わずに)とにかく、」「わかりやすいマップ」を普及推進するということです。

 まぁどっちでも構わないかという気がしてくるのですが、「まぎらわしさを取りのぞく」のが「わかりやすい」への重要ポイントなものでして。略称は『とに会』としたいと思います。私くらいの年代なら『東日本なんでもケトばす会』『東ケト会』を連想したかたも多いはず。なつかしいですね。シーナさんの本はすっかり読まなくなったなぁ。

 という話ではなく。

 アイタスという会社は北海道の札幌でホームページ制作みたいなことを主な業務としてまして、少数精鋭主義のオンリーワン企業をコンセプトにがんばっています。おかげさまで技術力や前向きな姿勢をご評価いただき、札幌市関連のポータルサイトの仕事をさせていただいたり、札幌市産業振興センターという起業家支援施設へ移転入居させていただたりしています。

 そういえば、2002年サッカーワールドカップの札幌サイトもひ孫受けというかたちで当社が実際の構築を担いました。思い出深い。どれも、正々堂々、実力による結果なのが誇りです。系列に属さず、子会社ではなく、なんの後ろ盾もなく、自らの腕のみを頼りに勝負しています。

 石を投げればWebデザイナーにあたるくらい同業者が増えた今どき、よそとのちがいって何と問われたら、アイタスの場合は創業以来「わかりやすさ」にこだわっているのが特徴と言えるかもしれません。

 わかりやすさというのは実に奥が深く、ここに一所懸命となるとキリがありません。報われることの少ない、損な会社だなと感じてしまう時があります。

 それでも、細部へのこだわりを放棄せず、誰も気づかないかもしれない小さな作業を積み重ねているのは、その延長線上にのみ「わかりやすいWebサイト」の完成があると確信しているからなのです。

 インターネットユーザーの立場からいうと、「わかりやすいWebサイト」以外、存在価値はない。存在価値のないものを作るなんて意味のない作業に人生を浪費できない。−−−そう思っています。

 そんな当社、前段で触れたとおり、新しいオフィスへ移転しました。2002年10月末のことです。移転にともない「アクセスマップを新しくしなくちゃね」と社内で話し合っていたとき、あらためて話題になりました。

 

 「わかりにくいマップを平気で載せてる企業サイトって、ほんとに多いよね」。

 

 「紺屋の白袴」「医者の不摂生」ではありませんが、Web屋のサイトはなかなかきちんとしたものを構築するのが難しいものですし、更新も滞りがちになってしまうのが現実です。当社アイタスも例に漏れず自社サイトにはいろいろ言い訳したいところがあるなかで、そんなことを言ってられない、絶対にちゃんとしたものを用意しておかなければ信用を落とすと考えているのは、会社までの案内地図、アクセスマップなのです。

 なにがあってもこれだけは手を抜けない。なぜなら、このマップを頼りに会社へ来る人が必ずいる。その人を途中で迷わせるような真似はさせられない。「さすがアイタス。使う人の視点でわかりやすく作ってある地図が役に立ったよ」と言ってもらいたい。−−−そう考えているからなのです。

 「当社のホームページを作ってほしい」「うちのサイトをリニューアルしてほしい」。そんなご依頼を新規のお客様から受け、依頼先へ訪問します。いや、訪問しようとするのですが、これがけっこう道に迷うのです。余裕を持って出発したのに約束の時間は近づくし、土地勘のない街で気は焦るし、もともと汗かきなのにますます汗だくになるし、やっぱり買っときゃ良かったクルマにカーナビついてないし、迷いながらもどうにかたどり着いたときには、なんだかもうくたびれてしまって。これって、私が方向音痴なだけでしょうか。

 おいしい料理を食べさせる店があるって。どれ、ネットで検索。おー、ホームページあるよ。どれどれ…。あちゃー、アクセスマップ載っけてないよ。……どうする? −−−こんな経験ありません?


マップの善し悪しに関する円グラフ。93%が要改善
 アイタスで独自に調査したところ、現実世界に所在地があるのにアクセスマップを掲載していないWebサイトが全体の47%をも占めています。

 また、掲載中のマップでは残念ながら実用にならないと判定せざるを得なかったサイトが35%、まぁまぁだけど、訪問者への気遣いを徹底してさらに良くできるマップを載せているところは11%と、決して少なくない割合になっています。

 当社が「いいね! お客様のことを考えてる意識がマップに表れているね」と感心させられた好印象サイトはわずか7%でした。

 

 なんと、世の93%ものサイトは今すぐにでも「わかりやすいアクセスマップ」を導入すべきなのです。自分たちのために。興味を持ってくれたお客様のために。

 御社は、この93%に残りますか? それとも、日々努力を積み重ねているであろう7%のグループに移りますか?

 

 Webサイトを開設中の企業のために、私のようにいつもアクセスマップで苦労している方向音痴諸氏諸兄のために、この事実を広く公表し、わかりやすいマップをとにかくひとつでも増やしていく。私を含めアイタス社員がまず恩恵にあずかりたいので、地元の札幌に所在地があるサイトから順に、以後、北海道から南下して本州へ。こう計画しています。

 

 とに会の活動をどうぞご支援ください。わーパチパチ。

 

2003年ありゃま1月ももう中旬だよ 記す


効果を実感

導入の実績と声
マップ刷新というなにげないことで、新しい変化が始まります

マップ10ヶ条
マップをわかりやすくする10ヶ条を公開。え、そんなことまで…
なぜなに目安箱
疑問や質問、まずはここをチェック


東とに会の熱い使命
マップ未掲載・わかりにくいマップ掲載−−−それは会社の評価を落とす危機に直結しています

東とに会って何者?
私たちは、わかりやすいマップで貴社の「顧客満足」「集客」に関する取り組みを応援します

会社情報
とに会は『合資会社アイタス』プロデュースによるプロジェクトです

特定商取引法に基づく表示
PR

北海道札幌市のホームページ制作会社アイタスの新Webサイト

ビジネスブログ『アイタス営業日報』

アイタスの仕事実績・事例集

ビジネスブログカスタマイズサービスサイト
このページの先頭へ戻る
とにかくわかりやすいマップ普及推進委員会バナー Copyright © Since2000 i-tasu. All Right Reserved.
http://wakariyasui-map.com とに会にメールを送る
このWebサイトは合資会社アイタスがプロデュースしています